聴障・医ネットとは? トップページへ

「第4回聴覚障害者医療研究集会」演題募集中

<日時>
平成29年12月3日(日)10:00〜16:00

<会場>
千葉聴覚障害者センター 3階 多目的ホール
(千葉市中央区神明町204-12)JR千葉駅東口から徒歩15分 JR本千葉駅西口から徒歩6分 京成電鉄千葉中央駅西口から徒歩7分

<内容>
9:30受付開始〜

10:00〜12:00 特別講演
「ナラティブの視点で語るろうのがん患者学」
講師:皆川明子(ろう者の乳がんサバイバー、がんば聾代表)

講師から
ろう者の私が乳がんになり、がんの治療を受けてきました。今までの治療体験を通じて、病院を受診することに、さまざまな障壁を感じました。ろう者にとって安心できる医療はどうあるべきなのかをお話したいと思います。

13:00〜16:00

演題発表(募集中)
2017年10月20日(金)厳守
<参加費>
会員3,000円・非会員4000円(当日の入会も受け付けます)
(手話通訳とパソコン要約筆記がつきます)。

<演題募集期間>2017年締め切り 2017年9月18日(月)〜2017年10月20日(金)〆切厳守

<演題様式>抄録原稿は、A4版サイズの用紙2枚以内(図、表、写真等込み)2段組みで作成して下さい。
演題申込書と抄録原稿を電子ファイルで事務局宛提出してください。

演題申込書様式サンプル

主催:聴障・医ネット、聴覚障害をもつ医療従事者の会

後援:一般財団法人全日本ろうあ連盟(予定)、一般社団法人全国手話通訳問題研究会(予定)

企画・運営:聴障・医ネット・聴覚障害をもつ医療従事者の会


事前申し込みは不要ですが、参加費の振込をされて欠席の方へは抄録集等を送付します。
振込みは原則として下記郵便口座へお願いしております。
郵便振込み
 口座番号:01330-7-31049
 加入者名:聴障・医ネット

☆ATMから振込むときの店名・預金種目・口座番号について
ATM(ゆうちょ銀行、他の金融機関)から振込む場合に必要な情報を以下に記します。
・ 銀行名:ゆうちょ銀行
・ 金融機関コード:9900
・ 店番:139
・ 預金種目:当座
・ 店名:一三九店(イチサンキュウ店)
・ 口座番号:0031049
・ 加入者名:聴障・医ネット

☆ゆうちょ銀行のネットバンキング(ゆうちょダイレクト)について
ゆうちょ銀行の「ゆうちょダイレクト」に登録している場合、パソコンから振込みができます。番号入力は真ん中の7を省いて入力します。

トップへ


「第3回聴覚障害者医療研究集会」を開催しました。

<日時>
平成29年2月11日(土・祝)10:00〜16:00

<会場>
大津市旧大津公会堂 3階 ホール
(滋賀県大津市浜大津1−4−1)

第3回聴覚障害者医療研究集会抄録集

<内容>
9:30受付開始〜

10:00〜12:00 特別講演

〜琵琶湖病院聴覚障害者外来の24年〜

講師 琵琶湖病院聴覚障害者外来・医師

藤田 保氏

13:00〜16:00

特別報告
熊本地震 聴覚障害者支援イベント 活動報告

片倉和彦氏(精神科医師)、村岡由佳里氏(看護師)

一般演題発表(当日の発表順は未定です)

米国ロチェスターにおけるろう者を対象にした文化言語モデルによる保健医療の取り組みと課題
○皆川愛(聖路加国際大学大学院博士前期課程)、高山亨太(ギャローデット大学)

聴覚障がい者の医療機関での受療配慮のための聴覚障がい者と医療関係者とのコミュニケーションツール作成について
−漫画によるお願い手帳−
○俵口 奈穂美(北九州市立医療センター)野口 万里子、安藤美紀(NPO法人MAMIE)

聴覚障障害者に向けての情報発信
−Facebook,YouTubeなどのSNS活用−
○平野浩二(聴覚障害者医療サポート協会)

<参加費>
会員3,000円・非会員4000円


「第2回聴覚障害者医療研究集会」を開催しました。

主催:東京歯科大学 障害者歯科 主任教授・福田謙一

後援:一般財団法人全日本ろうあ連盟、一般社団法人全国手話通訳問題研究会

企画・運営:聴障・医ネット・聴覚障害をもつ医療従事者の会

一般社団法人日本障害者歯科学会指導医の企画による認定医研修会(5単位)に認定されました。

<日時>
平成28年2月7日(日)10:00〜16:00

<会場>
東京歯科大学水道橋校舎本館13階 13−B号室
(東京都千代田区三崎町2-9-18)

<内容>
9:30受付開始〜

10:00〜12:00 特別講演

障害者差別解消法施行に備えて 講師 平野浩二氏

都合により講演の内容が変更になりました。

13:00〜16:00 一般演題発表


「第1回聴覚障害者医療研究集会」を開催しました。
<日時>平成27年2月8日(日)
<会場>大阪大学コンベンションセンター研修室
<内容>
講演
「医療における情報保障について」
医療におけるコミュニケーションを考える-言葉と文化の架け橋としての医療通訳士の役割-
大阪大学大学院人間科学研究科国際協力学講座 中村 安秀教授 (医療通訳士協議会会長)
聴障・医ネットからの報告
演題発表 6題
【参加費】2,000円(手話通訳とパソコン要約筆記がつきます)。
第1回聴覚障害者医療研究集会抄録集

<主催(共催)>
聴障・医ネット(聴覚障害者の医療に関心をもつ医療関係者のネットワーク)
大阪大学歯学部附属病院障害者歯科治療部
聴覚障害をもつ医療従事者の会

<後援>
一般財団法人全日本ろうあ連盟
公益社団法人大阪聴力障害者協会
一般社団法人全国手話通訳問題研究会

みなさま このたび、聴障・医ネットは、大阪大学歯学部附属病院障害者歯科治療部および聴覚障害を持つ医療従事者の会との共催で、標記集会を企画しました。講演では、医療における情報保障について、あえて手話通訳ではなく、多言語の医療通訳をテーマにお話いただきます。午後からは、演題発表の機会を設けました。発表希望者は、別紙要項をご参照のうえ、お申込みください。
会場は、伊丹空港や新幹線・新大阪駅からアクセスのよい場所です。日頃聴覚障害者や手話通訳者とともに活動されている医療者の方々はもちろん、聴覚障害者への医療支援・情報提供について少しでも関心をお持ちの医療関係者の方々、聴覚障害者・手話通訳者の方々のご参加をお待ちしています(当日は手話通訳とパソコン要約筆記がつきます)。

チラシと演題応募要項
演題申込書(演題の申し込みは締切ました。)

トップへ